Q1:新整体「ミオンパシー」とはどんな整体法?
体の不調はどこが原因だと思われますか?痛みやこりは、筋肉のロック(拘縮)が原因だと、いぎあ☆すてーしょんでは考えています。
筋肉のロック(拘縮)とは、筋肉に過分な負荷がかかったときに、筋繊維中の「筋紡錘」という、筋肉の伸び縮みを感知する装置から、筋肉が傷つかないように筋肉を縮ませるための信号が出ます。その収縮が慢性化したものをロック(拘縮)と言います。
ロックした筋肉は血行が悪くなり酸素が不足します。その酸素不足を脳に伝えるために「ブラジキニン」という化学物質を発生させて脳に神経を介して送ります。そのブラジキニンを受け取った脳が痛みを感じます。
さらに慢性化した筋肉のロック(拘縮)は、自律神経のアンバランスを引き起こし、不眠・食欲不振・倦怠感・便秘etc.様々な自律神経失調の症状が出たりすることもあります。
新整体ミオンパシーは、主にマッスル・スピンドル・リリース(筋紡錘解放)という技術を用いて筋肉のロック(拘縮)を解除し、患者様の筋肉を元の正常な状態に戻すことで、血流を正常にし、痛みやコリを軽減・解消、自律神経失調症状の改善も促します。
体が元の自然な状態を取り戻すことによって不調がなくなる、という「自然治癒力」を発揮できる体に戻すのが「新整体ミオンパシー」です。



Q2:ミオンパシーの学び方(実技)について
 ミオンパシーは非常にソフトな施術方法です。
 力のない方、女性でも容易に施術できる施術方法です。
 生徒同士で練習をしても全く危険がありません。講師が進んでモデルになるほど、安心安全な技術です。
 ですからスクールで学んだ後、ご家族やお知り合いに練習台になってもらうことをお勧めしています。
 そうやって実際に人の体を触りながら習得していけますので、習得が早いのです。
 しかも、修了すれば、実際に患者さんを施術できるレベルまでお教えしますので、整体塾卒業後すぐに開業される方がほとんどです。
Q3: 習得方法について
整体塾講師の資格を持つ講師のもと、学科(知識・理論)・実技を学んでいただきます。
本校は国家資格ではありませんので、国家試験を受けるためのカリキュラムなどは用意しておりません。実質的に痛みやこりなどの症状を改善するために必要な知識と技術を習得していただくカリキュラムになっています。
講習日程については、2015/5現在、大阪校においては、講師と受講生の方の日程を合わせてご受講いただいています。
代官山校においては、ある程度決まった日程のもとでご受講いただいています。詳しくはお問い合わせください。
いぎあ☆すてーしょん代官山 TEL 0120-963-482
大阪・東京どちらにおいても、受講生の方の人数次第で、マンツーマンになる場合と、複数でお受けいただく場合があります。どちらの場合も講師の指導のもと受講生同士、あるいは講師をモデルに実技を学んでいただきます。
Q4: 受講中・修了後サポートについて
ご希望の方については、講師の実際の施術を見学していただき、実際の施術の流れやカウンセリングの仕方などを学んでいただけます。見学は受講中でもしていただけます。
受講中、修了後にFacebook の「ミオンパシーグループページ」・LINEの「受講生グループ」などで質問をして、受講中や開業後の様々な疑問を解消していただけます。
年一回のミオンパス研修旅行、年数回大阪・東京・両方で行われるミオンパス勉強会にも、受講中、修了後に関わらずご参加いただけます。
ホームページ開設、ブログ開設などについてもサポートいたします。
開業される方については、年間PV(ページビュー)100万を超える大阪本店のサイトにリンクを貼りますので、そこからの集客もできます。
Facebookでも、講師やスタッフが記事をシェアしたりすることで、集客や認知度を上げるお手伝いをします。
いぎあ☆すてーしょん直営店と整体塾のFacebookページの「いいね!」は、合計で6645(2015/5現在)です。
本店サイト、Facebookページ共にこれからどんどんアクセス。露出が増えていく予定です。