HOME > いぎあ整体法について

患者さんに施術をするときに「かえって悪くなったらどうしよう?」と、不安を感じながら施術したいですか?

当院では、整形外科・ペインクリニック・放射線科の先生方に認めていただいた、安心安全なオリジナル手技療法「ミオンパシー」を行っています。
著書「腹筋運動をすると腰痛になる」アチーブメント出版は「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者 加茂整形外科医院加茂院長にご推薦いただいています。加茂院長は「JMPS(日本筋筋膜性疼痛症候群研究会)」名誉会長でもあります。

ミオンパシーは、米国で発祥した手技医学オステオパシーの中の「ストレイン・カウンター・ストレイン」という手技の原理を応用したものです。
オステオパシーは、アメリカでは全州で正式に認められた医学です。アメリカのオステオパシー大学では、まず西洋医学の医師免許を取得する行程を経て、それから手技を学ぶという順序になっています。

この仕組みの中で正式に理論と技術が確立されたものをベースに開発してきたのが「ミオンパシー」です。
いわゆるエビデンス(なぜ、結果が出るのかが科学的に認証されている)がしっかりしていますので、前述の加茂先生に認められたのです。
「なぜ、こうなるのか」「症状の原因は何なのか}を患者さんに明解に説明できる施術法です。
そう言う意味で安心して身につけていただける施術法だと言えると思います。

歯科医の先生方にも顎関節症の改善方法において、従来の治療法に替わるものとして認めていただいています。

例えば腰痛は、腰の骨が悪いから起こるのではありません。腰痛に関係する筋肉が正常に働かなくなるのが原因です。
筋筋膜性疼痛症候群研究会でも、痛みは筋肉が主な原因であるとし、筋肉からの痛みを解消する治療法を研究されています。

また、当院の手技は筋肉を正常な状態に戻す、超ソフトな技術です。
ぼきぼき音を鳴らしたりするやり方ではなく、気持ちいい姿勢を取るやり方なので、慣れてくると、施術中に患者さんが寝てしまうこともよくあります。
女性でも問題なくできるぐらい、施術に力を要することもありません。それぐらいソフトですから、初めての方でも安心して受けていただけますし、慣れない人が施術しても安全性が非常に高い技術です。念のためにスタッフ全員傷害保険には入っていますが1992年の開業以来無事故です。
ですからスクールの講習中でも、家族やお友達に安心して練習台になっていただけます。
そういう意味でも安心して施術していただける技術です。

そんなにソフトな手技なのに「なかなか腰痛が良くならない」という方の腰痛が当院の新手技療法ミオンパシーによって、それまでにない改善を見たことは数知れません。
もちろん、腰痛の他にも、肩こり・頭痛・関節痛他、筋肉が関係するあらゆる症状に効果的です。

当院のミオンパシーを受ける為に、北は北海道、南は沖縄、他に宮城・東京・名古屋・長野・富山・静岡・三重・広島など、遠方からも来られるほど、多くの方に信頼をいただいています。
さらに、アメリカ・イタリア・ドイツ・オーストラリア・フランス・インドネシア・香港など、海外からもご来院くださっています。
それは、他では受けられない手技だからです。圧倒的な差別化が図れるのも、当院の手技ミオンパシーの特徴です。